2005年11月29日

理想の女

コメント無きTBは、削除させて頂きます。

risou.jpg

04スペイン伊英ルクセンブルグ米 監督/マイク・バーカー 
出演/スカーレット・ヨハンソン ヘレン・ハント
あらすじ/NY社交界の華として知られる若いメグ・ウィンダミアと夫ロバート。
セレブが集う南イタリアの避暑地アマルフィにバカンスに訪れた。
そこでメグは魅惑的なアメリカ女性アーリンと出会う。
★★★★
更紗評/思ったのと違う展開でしたが、楽しめました。
むしろ期待を裏切ってくれてよかったです。
その方が物語に深みが出てきた気がしますもの。
しかし、無垢な女、知り尽くしている女
どちらの女性も男性が征服したがる女性かもしれませんね。
ヘレン・ハントの謎めいた魅力が素敵でした。

人気ブログランキング参加中
<ネタバレ>
まさか二人の女性が母娘であるとはがく〜(落胆した顔)
この秘密が判った途端に、ストーリーに深みが出てきました。
実に練りこんだ脚本といえそうです。

夫の浮気相手だとおもっていた人が、
まさか自分の産みの母とは思っていなかったでしょうね。
最後まで知ることのなかったメグですが・・・
母とは知らないが、感じるモノはあったみたいでふらふら
記念にと『扇』を渡して、タピィに真実を話していたんだから…

飛行機に新聞広げている人がいたのを見て
「タピィだわ揺れるハート」と思ってましたが
いい男だよね。
私この映画の中で一番素敵だと思ったわるんるん
アーリンを信じて
「お金目当てでもいいさ、自分も彼女の美貌目当てだ」と
言う台詞とか、グッときちゃいましたよ。
まあ私が旦那にするには年とりすぎてますが(笑)

景色に衣装、うっとりぴかぴか(新しい)しちゃう映像でした


人気ブログランキング参加中←只今の順位は?
posted by 更紗 at 17:21| 広島 ☀| Comment(10) | TrackBack(4) | 映画評<ら・わ行> | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんはぁ♪
ワタシも思っていた展開と違っていましたが
返ってその方が良かったです。ウフ

【以下、ネタバレです】
まさか母と娘とは思いませんでしたよ!!
てっきりよくある男女の三角関係かと思っていました。
オリジナルではロンドンらしいですが(=ワタシは未見です)
今回は南イタリアの高級リゾート地ということで
そのシチュエーションも良かったですよね。
美しいドレスやお屋敷などうっとりしましたわー・・・
ヨハンソンとヘレン・ハントも適役でしたねー
男性があまりメジャーな方でなかったのも
彼女たちメインになって丁度良かったかもですね。
Posted by Puff at 2005年11月29日 20:23
>Puffさん
 やっほー。これいい映画でしたね。
まさかこんなドラマが隠されていたとは・・・
私もスッカリ「あー年上の妖艶な女に旦那寝取られる無垢な女の話」だと思い込んでいました(笑)
>男性があまりメジャーな方でなかったのも
彼女たちメインになって丁度良かったかもですね。
言えてますーーー(笑)
確かに女性にスポットがあたってGood♪
Posted by 更紗♪ at 2005年11月29日 21:05
期待を裏切る展開って面白いよね
タピィは最後には絶対待っていると思いましたが!
こういう”ちょっといい話”は大好きです♪
衣装も良かったですよね 帝国ホテルで展示してあったのを見ましたよ。細身にびっくり!(笑)
欲を言えばもうちょっと風景を沢山映して欲しかった〜♪
Posted by マダムS at 2005年11月29日 21:57
>Sさん
 そうなんですよー。気楽にドロドロ愛憎劇でもみるかしら?って思ってたら、ひろいものでした。
タピィ素敵なオジサマでしたわん♪
 風景かあーイタリア映画を見ては毎回行きたくなります(笑)
Posted by 更紗♪ at 2005年11月30日 08:53
とってもゴージャスな作品でしたねぇ〜!
目の保養になりました。
と同時にストーリー展開の意外性に驚くと共に、
ウルウルとさせられ、ラストはやられたぁ〜という感じでした。
原作ではラストのタビイの話はないそうだけど、
この部分があって、救わせた気がしました。
ヘレン・ハントも観客も・・・。
Posted by 紫の上 at 2005年11月30日 23:11
>紫の上さん
 すみませんレス遅れて
とってもゴージャス。その通りです。
あのストーリーは意外でそのお陰で深みが出てきました。
原作ではタピィのオチないんですか?
あそこがいいのにー(笑)
あれなかったら寂しいですよね
Posted by 更紗♪ at 2005年12月03日 09:46
こんにちは♪
どんな展開か全く知らなかったので、彼女たちが母娘と知った時点でものすごく面白くなってきましたよね〜!
ラストの飛行機の中の新聞で顔隠してた人、絶対タピィだと思っていましたが、当たってよかったわ!!
アーリンも幸せになれそうで一安心(笑)
Posted by ミチ at 2005年12月26日 20:44
>ミチさん
 こんばんは♪
やっぱり、あの展開にはビックリですよねー
でも、それがいい展開なので面白くなりましたよね。
「あれあれあれーーー。不倫とかだけじゃないの?」って感じで(笑)
 やはりタピィだとあの新聞の人は思いましたよね。
ほんとアーリンにも幸せがきてよかったわ。
タピィって素敵です♪
Posted by 更紗♪ at 2005年12月26日 21:13
面白い台詞が満載!
原作にもあの台詞があるんでしょうか?
気になってきました。
俺はもちろん「結婚とは神が作ったジョークだ」が一番ヒットしました・・・
Posted by kossy at 2006年01月04日 08:41
>kossyさん
 台詞は特にじじ三人組みが最高でしたね。
ばば組はくだらんかったけど(苦笑
私はやはりタピィの台詞が一番でした♪
Posted by 更紗♪ at 2006年01月04日 19:09
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

「理想の女」
Excerpt: 公式サイト レヴュー シネスイッチ銀座、公開18日目です。 今日は平日だし公開されて3週間経っているし、で、のんびりと初回に行ったら 何と!立ち見じゃありませんかぁぁぁ..
Weblog: Puff's Cinema Cafe Diary
Tracked: 2005-11-29 20:11

『理想の女(ひと)』
Excerpt: イタリアのリビエラ/アマルフィー海岸♪(美しい~♪ 私の中の行って見たい外国ランキングNO.1)が舞台!! これは観なくてはなりません! が、ヘレン・ハントのコスプレ物にちょっと不安があったし、ス..
Weblog: Brilliant Days
Tracked: 2005-11-29 21:49

映画「理想の人」
Excerpt: 映画館にて「理想の人」★★★★ ストーリー: 1930年、バカンスを過ごしに南イタリアの高級リゾート地アマルフィを訪れたメグ(スカーレット・ヨハンソン)とロバート(マーク・アンバース)夫妻。ある日、..
Weblog: ミチの雑記帳
Tracked: 2005-12-26 20:38

理想の女(ひと)
Excerpt:  結婚は神様が創ったジョークである!粋な金持ちじいちゃん三人衆の戯言が面白いぞ!  原作はオスカー・ワイルドの「ウィンダミア卿夫人の扇」。新婚の金持ち夫妻と、男を手玉にとってまるでストーカーのように..
Weblog: ネタバレ映画館
Tracked: 2006-01-04 08:39
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。