2007年10月05日

幸せのレシピ

映画「幸せのレシピ」オリジナル・サウンドトラック映画「幸せのレシピ」オリジナル・サウンドトラック
ルチアーノ・パヴァロッティ レイ・ジェラート リズ・フェア

ユニバーサル ミュージック クラシック 2007-09-19
売り上げランキング : 6004

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


★★★


更紗評/ドイツ映画に「マーサの幸せレシピ」という作品があるのですが
そのリメイク作品です。

天才シェフをキャサリン・ゼダ=ジョーンズが演じているのですが
今までの彼女は「キャリアばりばり」って役柄が多くて
最初違和感が・・・

段々と恋に落ちてく様が女性を可愛らしく見せるからか
違和感が少しずつ無くなっていきました。

姪っ子役の、「リトル・ミス・サンシャイン」オリーブちゃんでしたが
あの頃とは違って、少しスリムになってました(笑)

こちらはこちらでよかったけれど
「孤独感」といった点でオリジナルの方がよかったな。


人気ブログランキング参加中


マーサの幸せレシピマーサの幸せレシピ
マルティナ・ゲデック セルジョ・カステリット マクシメ・フェルステ

東芝デジタルフロンティア 2003-05-23
売り上げランキング : 1488
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


こちらはオリジナルの作品。
「マーサの幸せレシピ」のレビューはこちら


posted by 更紗 at 18:35| 広島 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 映画評<さ行> | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
料理は、オリジナルの方がおいしそうでしたわ。
プレミアで、生キャサリンが見られてうれしかったです。
ゴージャスな美人ですよねえ。
Posted by MACHI at 2007年10月10日 13:59
★MACHIさん
 ですよね。ドイツ映画だけどフレンチだったしー
キャサリンは正統派美人で、どこから見てもキレイですよね
まさにゴージャスとは彼女のためにある言葉かもーー
Posted by 更紗@管理人 at 2007年10月11日 20:14
更紗ちゃん、こんばんはw
ブログ、私もしばらく休んでいたので久しぶりになってしまいました。(^^;)
この作品、私のケツアゴダーリン(ユアンも)のアーロン目当てで観ましたが 意外にもゼタ姉さんが良かったですね。
オリジナルの方が地味だけど 人間関係の難しさとかヒロインの孤独感にリアリティーがあって好きです。
このリメイクはやっぱりハリウッド映画らしい雰囲気でしたよね。

最近、映画を観に行く気力が出てきた自分がうれしいです!(笑)
つい先日も「エディットピアフ」を観たけど これは私にとっては今年最高の作品かも・・。
なので次は何を観ようか・・、迷っています。
もう一回、ピアフ行っちゃうかも〜(^^ゞ)
Posted by カポ at 2007年10月19日 23:55
★カポさん
 こんばんは♪お久しぶりです。

やっぱ、オリジナルの方が地味ですが、いいですよね。
ヒロインの孤独感が今回はあまり感じられず、その辺りが残念でした。
 「ピアフ」見ましたよ。レビュー書いていないけど(^_^.)
たいした演技でしたね。
Posted by 更紗@管理人 at 2007年10月22日 20:40
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/59040143
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。