2007年06月04日

女帝 −エンペラー−


映画「女帝[エンペラー]」オリジナル・サウンドトラック映画「女帝[エンペラー]」オリジナル・サウンドトラック
タン・ドゥン ジェーン・チャン ラン・ラン

ユニバーサルクラシック 2007-05-23
売り上げランキング : 23554

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


★★★

ぷち更紗評/チャン・ツィイー『初恋のきた道』の清純さはどこへやらexclamation&question
男は愛する女の前では無力だバッド(下向き矢印)


迸る血しぶきに女の意地と嫉妬が見え隠れして凄まじい
女は愛する男のために、犠牲を問わない
そこには常識も理念もない
あるのはただ愛だけである

茜色と朱を主とした映像美ぴかぴか(新しい)
見応えはあるが、あまりにも男がだらしなく、そのあたりがものたりず

人気ブログランキング参加中

posted by 更紗 at 00:00| 広島 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画評<あ行> | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いやあ、いい映画だと思うんですがドラマとアクションのバランスがいまいちで、あまりに重厚すぎてテンポが悪かったように感じました。グウ・ヨウの演技はさすがでしたがオールスター過ぎて一人ひとりの描き方が不十分だったかなあ。個人的にはチャン・ツィイーの美しさだけで十分元は取れたんですが。
Posted by ヨシリン at 2007年06月18日 23:13
★ヨシリンさん
 ドラマとアクションのバランスかぁ
確かにいえてます。もう少しドラマの部分に比重を置いてもよかったし、テンポの悪さはぬぐえませんね。
Posted by 更紗♪ at 2007年06月21日 17:17
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/43952715
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。