2007年06月03日

ザ・シューター −極大射程−

★★★★

ぷち更紗評/また腹筋見てしまった怜

マーク・ウォールバーグはここんとこ、いい役やってて存在感があるわ
『ディパーデット』も主役よりよかったし(笑)

政府組織相手に孤高の狙撃手が復讐抵抗するのだが、サバイバルに長けた元海兵隊流石
法律では裁けない犯罪者が国を動かしてるなんて、やってらんないが
なんだか必殺仕事人アメリカ版みたいで、アクションも頭脳戦も楽しませてもらいました

人気ブログランキング参加中


極大射程〈上巻〉極大射程〈上巻〉
スティーヴン ハンター Stephen Hunter 佐藤 和彦

新潮社 1998-12
売り上げランキング : 200
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
posted by 更紗 at 00:00| 広島 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画評<さ行> | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
久々に、スカッとしたアクション映画を見せていただきました。冒頭の狙撃シーンから、アクション好きには、たまらない展開ですね。こころなしかボーン・シリーズぽいなと思って観てましたが、ウォールバーグのほうが、アクションに嵌ってるというか、似合ってます。相棒の彼「ワールド・トレードセンター」の人ですね。いい味出してました。できるモノならばマーク主演でシリーズ化希望です。原作は、もっとあるんでしょ?やってほしいなぁ。
Posted by undo at 2007年06月07日 02:01
いやー、マーク、かっこよかったです。

私もディパーテッドのマークは、とてもよかったと思います。
ますます頑張って欲しいです。
Posted by MACHI at 2007年06月08日 22:35
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。