2007年06月02日

しゃべれどもしゃべれども

国分太一のしゃべれどもしゃべれども国分太一のしゃべれどもしゃべれども

角川メディアハウス 2007-05
売り上げランキング : 43261

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


★★★★★
ぷち更紗評/寄席、いってみたい

好きだわ。こんな作品
笑って泣いて人生謳歌してわーい(嬉しい顔)

太一君の演技にかかってるなと予測してたんですが、これがなかなかの出来揺れるハート
落語の出来が最初と最後でちゃんと上手くなってる
その段階も見事。いい配役だわ
恋の切なさも、不器用な愛情も、子供の屈託のなさも、オヤジの辛さも、みーんなリアルな描写

噺家という特殊な世界と、下町の情緒を『ほおずき市』やお茶のお稽古、寄せから感じられるが、祖母の八千草薫の存在が光りますぴかぴか(新しい)

人気ブログランキング参加中

posted by 更紗 at 00:00| 広島 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画評<さ行> | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
人生の中で、良く泣いた映画ベスト5に入る映画「愛を乞う人」の監督作品。
竹内結子が出てた「天国の本屋」以来ファンの香里奈さんが出る映画ということで観に行ったのですが‥‥
(国文君は後回し)
期待しすぎたのですかね〜。
そこそこ良いとは思うものの今ひとつって感じでした。
(なんでだろう???感情に欠陥あり???三十朗)

香里奈さんには、もっと笑って欲しかったですよ。

って、映画の内容的に無理かな??
Posted by 三十朗@香里奈 at 2007年06月17日 15:57
★三十郎さん
 「愛を乞う人」の監督でしたかー

香里奈ファンでしたかー
彼女は笑わない役でしたからね。
でも、それが妙に似合っていて私はよかったです(笑)
私は国分くんがよくって、気に入りました。
Posted by 更紗♪ at 2007年06月17日 22:52
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。