2006年07月15日

かもめ食堂

コメント無きTBは削除させて頂きます。

kamome.jpg
「かもめ食堂」オリジナル・サウンドトラック「かもめ食堂」オリジナル・サウンドトラック
サントラ 近藤達郎

フォーライフミュージックエンタテインメント 2006-03-15
売り上げランキング : 3814
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


05日 監督・脚本/荻上直子
原作/群ようこ 「かもめ食堂」(幻冬舎刊)
出演/小林聡美、片桐はいり、もたいまさこ、
   マルック・ペルトラ、ヤルッコ・ニエミ
あらすじ/フィンランドのヘルシンキの街角にある小さな「かもめ食堂」
お店を経営するサチエの自慢は「おにぎり」そしてごくごく普通の家庭料理メニュー。
でも一ヶ月もお客さんが来ません
そんなある日、地元の青年が始めての客としてやってきて・・・

なんとがく〜(落胆した顔)「ムーミン」のミーはスナフキンの
異母妹だったーーーどんっ(衝撃)


★★★★★
更紗評/それにしても、フィンランド人はよくコーヒー飲むなー
かもめ食堂に集まった日本人
何故か?フィンランドなのに日本女性ばっか(笑)
それぞれ訳アリのようですが
詳しい話しはしないまま、決して入りすぎずに関わっているけれど
「地球最後の晩餐」は一緒にいたい関係
ちゃんとした距離を置いたそんな大人の関係が心地よい
フィンランドの景色と、そんな人間関係が
特に事件が起こるわけでもなく、ゆるく流れる日々を
飽きさせず見させてくれました。

いいなー。私も行きたいかも・・・

人気ブログランキング参加中
<ネタバレ>
「人は変わっていくものですから」
3人の会話には、静かだけど、ツボにハマる台詞が沢山ありました。
3人が皆、決して焦ることなく、ゆるやかに生きているのが
フィンランドの街とマッチしているのが
見ている者を心地よくさせてたのではないかな?

食堂の最初の客、トンミの名前を漢字で書いて
『豚身昼斗念(トンミ・ヒルトネン)』には爆笑してしまいました。
豚身ですか???って感じで(笑)
彼にガッチャマンの歌と聞かれて、
おもわず歌えた私手(チョキ)
かもめ食堂に雇ってもらえるかもるんるん

『過去のない男』のマルック・ペルトラの存在感ある演技も
この映画に重厚感与えてたかもね。

白と木で作られた清潔感あふれるかもめ食堂
そこに並べられた料理の数々が
とても美味しそうで、ふと入りたくなる
まさにサチエの望んでいた食堂になりそうです。

人気ブログランキング参加中←クリックしてみてね。
posted by 更紗 at 18:58| 広島 ☁| Comment(6) | TrackBack(4) | 映画評<か行> | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは♪
更紗さんのところでは今公開中ですか?
わたしのところも遅くに公開でしたが、劇場で見ることが出来ただけでも幸せかもしれませんね。
豚身くんがいつまでタダでコーヒー飲むのかとっても不安になってしまいました。
一回でもいいから「払いますよ」って言えないのかーー!(笑)
私ももっちろんガッチャマン歌えますよ!!
Posted by ミチ at 2006年07月15日 21:29
ドモドモー♪
TB、コメントをありがとうございました。

ホント、素敵な映画でしたよねー・・・
この映画で、フィンランドへの旅行者がぐっと増えたような気がします。
(・・・ワタクシもお金があれば、、今一番行きたい国かも知れませんー)
何だか生きて行くエッセンスみたいなものを貰った気がします。
「人は変わっていくものですから」
この言葉、とても納得出来るし、好きな言葉の一つになりました♪
Posted by Puff at 2006年07月15日 22:11
こんばんは☆
すごく心地良い距離感と、さっぱりした潔さ。おいしい料理。そしてプププっと吹いてしまう笑い。
どれもこれも、ツボにはまりまくりました〜笑
和食の国に生まれて良かったーと心底思ってますよ(*^_^*)
日本のアニメってやはり大人気なんでしょうね
Posted by charlotte at 2006年07月15日 23:49
>ミチさーん♪
 私も豚身、お前は一度くらいコーヒー代はらえよ。と思っていました
きっとおにぎりも、シナモンロールもただ食いですよね(笑)
そんな変なことも考えながら見てました。

>Puffさん
 そうですよね。きっと旅行者増えそうです。
いつも喧騒の中で生きている気がするので、ゆったりとながれるヘルシンキに行きたいです。
先立つものがありませんが(笑)
 ぼそっと言う台詞の一つ一つがとても、心に染み入る映画でした。

>charlotteさん 
こんばんは 
とにかく心地よかったですよね。
それが一番な気がします。
ププっ笑いは好きです。がははは。ではなくププッ
そこがツボでもありました。
Posted by 更紗♪ at 2006年07月16日 22:15
更紗さん、こんばんは。
豚身昼斗念、これは会場も爆笑でした(笑)
ちなみに私もガッチャマンの歌歌えました(笑)

3人ともいろいろ過去にあったんだろうに多くを映画の中で語らせないところがいいですよね。
きっとハリウッドならそれぞれの過去を告白しあって号泣させるところでしょうけどね。
Posted by Hitomi at 2006年07月24日 20:53
>Hitomiさん
 こんばんはー
あの漢字の当て字はあまりにも・・・ですよね
しかも豚って、トンカツを思い浮かべてしまいましたよ私(笑)
 3人の過去は、画面のはしばしにチラチラとは見せていましたけど、それは想像させる程度にしているのがいいんですよね。
こんこんと聞かせられてお涙頂戴ではパターンすぎますもんねー
Posted by 更紗♪ at 2006年07月24日 22:09
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/20828464
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

映画「かもめ食堂」
Excerpt: 映画館にて「かもめ食堂」 群ようこが映画のために書き下ろした小説を荻上直子監督で映画化。 全編フィンランドロケから流れてくる何ともいえない空気。ゆったりと流れる時間。太陽の日差しもどこか違う。空の..
Weblog: ミチの雑記帳
Tracked: 2006-07-15 21:26

「かもめ食堂」
Excerpt: 公式サイト シネマイクスピアリ、公開3日目2回目です。 シアター7(176席)、7-8割の入場者数でした。 シネスイッチ銀座が連日満席ということで用心し、30分前に到着!! こちらも春休みとい..
Weblog: Puff's Cinema Cafe Diary
Tracked: 2006-07-15 22:04

かもめ食堂
Excerpt: お腹がすくとなんとなく機嫌が悪くなるもの。まずは腹ごしらえ… 劇中のおいしそうなおかず。食事というものは生きる上でのエネルギーで必要不可欠なもの。そしてそれ以上に、作ってくれた人の愛情が食べた人の心..
Weblog: シャーロットの涙
Tracked: 2006-07-15 23:50

かもめ食堂
Excerpt: 《かもめ食堂》 2005年 日本映画 フォンランド・ヘルシンキにある1件の日本
Weblog: Diarydiary!
Tracked: 2006-07-24 20:50
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。