2006年05月27日

嫌われ松子の一生

コメント無きTBは削除させて頂きます。

kiraware.jpg

MUSIC FROM MUSIC FROM "MEMORIES OF MATSUKO" -嫌われ松子の音楽- メイキング・オブ 「嫌われ松子の一生」
山田宗樹 中島哲也 中谷美紀

アミューズソフトエンタテインメント 2006-04-28
売り上げランキング : 2602

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


★★★★
更紗評/壮絶な一生ですなー
どんな人にも一瞬でも幸せな日々があり、ドラマがあるもんよね。
なんとも悲惨なのに笑えて、そして泣ける!
『人生コレで終わり』と何度も諦めては、
しぶとく何度もまた歩み始める松子
転落キャラながら彼女は最強ですわー

人気ブログランキング参加中

<ねたばれ>
妹が市川実日子で弟が香川照之って、年齢構成おかしくねーか?
父ちゃん柄本明で、母ちゃんが誰だったのか?イマイチわかんなかった。

幸せなんて自分がどう感じるか?で
他人にはわかんないんだよねー。
こんな人生と人には言われても、彼女にとっては幸せだった日々もあるわけで・・・
そんな中で「こんな生活でも一人よりはマシ」の台詞は響いたわ。

どんな傷ついても、再生して、また誰かを愛する
ある意味永遠の乙女っすよ。
大体どこかで誰もが諦めるもんじゃん。
最後も悲惨な死に方だったけど、
寸前に「まだやれるじゃん」と名刺を拾いに行くわけだし
結局、これが死因になるけど、
中学生を叱ってしまう、教師時代のような凛とした松子
そう考えると彼女の人生ってそう悪くない。
何度も再生できたんだし・・・(その度に失敗したけど)
もう一度、再出発させてあげたかったなー。

それにしても登場人物の多いこと多いこと・・・
どいつもこいつもロクな男ではないけれど
皆印象深いよ。
ちょい役で色んな人が出ているので、
そういうのをチェックして見つけるのも楽しいかも・・・

笑える話でもあったけど、ちょっぴり泣かせてもくれて
妹の亡くなる時の話しあたりはホロッとさせられました。

それにしても「火曜サスペンス」片平なぎさ!!
あなたが一番活躍した映画でした(笑)

人気ブログランキング参加中←クリックしてみてね。

posted by 更紗 at 19:54| 広島 ☔| Comment(16) | TrackBack(7) | 映画評<か行> | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
片平なぎさは影の主人公でしたね〜
何度も同じがけの上(笑)
あんなに何度も出てくるとは思いませんでした。
しかも毎回服を替えてるという細かさ!
Posted by kossy at 2006年05月27日 20:08
こんにちは♪
賛成です!
片平なぎさが一番印象深い!
あとは天地真理の歌久々に聞いた〜(え?知らない?)
冒頭の松子の「変な顔」についていけなかったので出鼻をくじかれました(泣)
Posted by ミチ at 2006年05月27日 20:58
こんにちは、初めまして♪
火サスネタはウケまくってました。
ちゃんと役も衣装もかえていた片平なぎささん、素晴らしかったです。たったあれだけのシーンなのにかなり印象に残りましたよね(笑)
Posted by azamy at 2006年05月27日 21:32
こんにちわ、TBさせて頂きました。
火サスネタもウケましたが、ゴリの演技もよかったです(笑)。あの役はゴリじゃなければ、演じれない! ですね。
Posted by Boh at 2006年05月28日 17:43
>kossyさん
 そーですよね。毎回同じ場所だけど相手と衣装が変わっているのが笑えました
最後には「深夜サスペンス」とかで(笑)

>ミチさん 
こんばんは♪
片平なぎさとあのテーマ音楽それが一番印象に残ったり・・・
「松子の変な顔」私も意味が分からなかったけど
途中で理由が分かってからは切なくて・・・
 天地マリわかりますよー。かろうじて記憶にあります。

>azamyさん
 こんばんは♪お返事ありがとうございます。
火スタはあのテーマがシチュエーションと合ってて出てくる度に笑えました。
チョイ役なのに主役より目立ってたかも(笑)

>Bohさん
 はじめまして、コメントありがとうございます。
ゴリはなかなか演技が上手いですねー。
あのハイテンションには大笑いでした。
あんな格好していながら「人懐こい」し「怖がり」だったし(笑)
Posted by 更紗♪ at 2006年05月28日 22:36
コメント&TB失礼します。
挫折・転落そこからの再生は誰しもが通る道だと思うのですが、
それにしても壮絶でしたねぇ。
一見、超悲惨な人生のようでしたが、
凛とした松子に救われます。
香川照之はどうにも兄でしたねw
Posted by 現象 at 2006年05月29日 13:39
こんにちは。
ドラマには最適な転落人生?!
昼ドラにも負けてませんよね。さすが火サスです。
最期はちゃんと中学生を怒る事ができてよかったね、と私は思いました。^_^;
男に関して学習しないところとか、ゴミを捨てられないところとか一言いいたくなってしまうのですが(汗)、欠点だらけなのに魅力的に見えちゃうのは監督の世界観なんでしょうかね…
Posted by charlotte at 2006年05月29日 14:03
>現象さん 
 トラコメありがとうございました。
転落・再生あれだけ繰り返すのも珍しいですが
ラストもあのガキどもがいなきゃ再生できたかも・・・と思わせる辺りが上手い終わり方ですよね。
決して悪い人生ではなかった。と思いたいです。

>charlotteさん
 こんばんは♪
本当私も最後に先生時代思い出して、怒れた松子にカッコよさ感じました。
男を見る目だけはないですけど、それでも愛することをやめないのは素敵♪
 ゴミ屋敷は私もちょっと・・・あれだけは人間性を疑ってしまう。
見ているだけで鼻がまがりそうです(笑)
Posted by 更紗♪ at 2006年05月30日 20:41
こんにちは
これも監督の世界全快な映画ですな・・
何故?この不幸の話がこんなに面白く
おもえるのでしょうww
また本当に応援してしまいそうww

Posted by ふ〜ちゃん at 2006年06月01日 19:13
>ふーちゃん
 こんばんは♪
この監督の世界観好きです。
「下妻」の時もですけど、独特ながら、不幸を幸せに替える手管を持っているというか
なんで面白いんでしょうかねー(笑)
Posted by 更紗♪ at 2006年06月01日 20:53
やっと観られました。面白かったです〜ラストは、あの世で妹や父さんと再会して、幸せに暮らすんでしょうね。母親は、ちらっと映ったのを確認して濱田まりさんでしたよ。似てるね、ちょっと中谷美紀と。壮絶な人生ですけど、生きることの大切さを教えてもらったような気がします。音楽も豪華、カメオも豪華。又一本大好きな映画が出来ました。
Posted by undo at 2006年06月05日 00:18
>undoさん
 見ましたねー。面白かったですよね。
そうよね。妹と父と仲良くくらしてますよね。今度こそ・・・
母は濱田マリでしたかー。
エンドクレジットで名前見て、どこにいたんだ?と(苦笑
 ラストの死に方で、勇気というか、力もらえる映画でしたよね。
最後に、また再生しようとしていた松子に・・・
Posted by 更紗♪ at 2006年06月05日 17:05
思い切って観に行って良かったー♪
強烈なインパクトで忘れられない1本になりましたよ〜
頑張って生きたはずなのに、悲しい最後でしたね 泣けましたわ。
Posted by マダムS at 2006年06月11日 07:46
>Sさん
 ご覧になりましたかー
本当に強烈ですよね。
人の人生ってそれだけでドラマだけど、松子の人生は凄まじかったです。
ほんとラスト、もう一度だけチャンスあげたかったです。
Posted by 更紗♪ at 2006年06月11日 18:12
こんにちは。TBさせて頂きます。
松子5回目行くかどうか迷っています(笑)。
Posted by 発生 at 2006年07月07日 08:50
>発生さん
 こんばんは
五回目ですか?凄い入れ込みようですよねー
Posted by 更紗♪ at 2006年07月09日 20:07
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/18460494
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

嫌われ松子の一生
Excerpt:  波乱万丈転落人生、でも松子は神や天使のような存在。だって相手の男が、クドカン、劇団ひとり、荒川良々etcだもん・・・恋なんて嘘だな・・・
Weblog: ネタバレ映画館
Tracked: 2006-05-27 20:09

映画「嫌われ松子の一生」
Excerpt: 映画館にて「嫌われ松子の一生」 山田宗樹の同名小説の映画化。松子のあの壮絶な転落人生をここまでエンタテインメント作品にしてしまうとは驚いた!原作からはタイトルと話の流れのみを借りてあとは中島監督の脚..
Weblog: ミチの雑記帳
Tracked: 2006-05-27 20:56

嫌われ松子の一生
Excerpt: 下妻の監督さん第2弾です。いや〜すっごく楽しめる作品でした!!下妻もよかったけど、私は松子のほうが好きですね〜。中谷美紀さんの演技がもうすごくて、ある意味そこまでやるかー!?ってな感じでした。でもどん..
Weblog: まったりでいこう〜
Tracked: 2006-05-27 21:28

松子の一生に涙する【嫌われ松子の一生】
Excerpt: 「嫌われ松子の一生」 タイトルだけでキョーレツである。 本屋で平積みされている
Weblog: 犬も歩けばBohにあたる!
Tracked: 2006-05-28 17:40

嫌われ松子の一生@シネクイント
Excerpt: 地肌から2センチほど厚塗りした人が、スープの表面5センチほどに背脂が浮いたラーメンと、皿に1センチほどの油が敷かれたギョーザを食べているような、こってり具合だった。いろいろ施されている。手段を選ばない..
Weblog: ソウウツおかげでFLASHBACK現象
Tracked: 2006-05-29 13:32

嫌われ松子の一生
Excerpt: ポップでディズニー的?なミュージカル仕立ての底抜けに明るい映画と思いきや…ちょっとほろり(いや、涙ぽろり)とさせられる映画だった。 昭和という時代背景に、そこに生きた一人の不運続きの女性の一生。 ..
Weblog: シャーロットの涙
Tracked: 2006-05-29 13:58

『嫌われ松子の一生』
Excerpt: 祝! 中島哲也監督『下妻物語』がカンヌJr.フェスティバル グランプリ受賞! びっくりですよね~10~18歳の若い観客を対象にしたカンヌ映画祭の部門だそうで、日本映画の受賞は初めてだそうですよぉ!てこ..
Weblog: Brilliant Days
Tracked: 2006-06-11 07:43
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。