2006年03月11日

力道山

コメント無きTBは削除させて頂きます。


ruki1.jpg

力道山の真実
大下 英治

祥伝社 2004-12
売り上げランキング : 245,638

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
もう一人の力道山
父・力道山―初めて明かす父の実像、父への愛
夫・力道山の慟哭―没後40年 未亡人が初めて明かす衝撃秘話
力道山がいた
興行界の顔役


05日韓 監督・脚本/ソン・ヘソン
出演/ソル・ギョング 中谷美紀 藤竜也 萩原聖人
あらすじ/敗戦後、意気消沈する日本人に勇気と自信を取り戻させた男、力道山。
大相撲からプロレス転向に至る人知れぬ苦悩。
隠された出生の真相。伝説の男の壮絶な生き様。
★★★★
更紗評/力道山はテレビや映画で流れるリング姿しか知りません。
父に「力道山は強かった」と聞いてたくらいで
顔もはっきりとはわかりません。
なので当然彼が朝鮮人であった事も知らなかった。
戦中に日本にいたというだけで彼がどんな待遇だったのか
容易に想像できましたが、実際に映像で見ると・・・

戦後の日本のヒーローの苦悩は、
成功は永遠に掴み取れないものと思えてならなかった。

人気ブログランキング参加中
<ネタバレ>
この映画でまさか泣くとは思っていなかったけれど
「シャーク兄弟」との対決は
日本人のヒーローの誕生と
この時代の人たちと同じように
「巨漢のアメリカ人に勝つ力道山」に
感動してウルウルしてました。

プロレス興行の裏世界も描かれてあり、
彼が勝ちすぎた事により追い詰められたり
妻・綾との関係も、とにかく切なすぎて・・・
彼が悪いわけではないけれど、誰もどうにもできない
まさに「成功を収めたように見えて決してつかめていない」現実を
見せられたような・・・
結局彼は何のために闘ってきたのだろうか???
彼の気持ちは計り知れないが、
彼が感じたであろう儚さを垣間見た気がします。

人気ブログランキング参加中←クリックしてみてね。

posted by 更紗 at 21:33| 広島 ☁| Comment(6) | TrackBack(1) | 映画評<ら・わ行> | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
勝ちすぎてもダメだなんて辛いですよね。
ヒーローであることと、興行についても考えていかなくてはならないこと。ジャイアント馬場だって全日の社長だったし、同じ苦労をしたのかもしれませんよね。
次は馬場の伝記映画かなぁ・・・
Posted by kossy at 2006年03月12日 09:44
>kossyさん 
 そうですよね。プロレスラーであれば「勝つ」ことは当たり前なのに
それがいけないなんて…常勝している人間に負ける事は死ぬより辛いのかもしれません。
 馬場も、猪木もそれぞれに苦労したんでしょうね。
その辺りの力道山との確執なんてのも見たかった気がします。
(そうすると三時間どころではなくなりそうですが、ははは)
Posted by 更紗♪ at 2006年03月12日 11:58
更紗さん、こんにちは
朝鮮人だということと裏社会と繋がりが深かった事は何かで読んだ事がありました。
しかし、勝ち続ける事にもがき・妥協が出来なかった力道山は病んでいきますね。
ソル・ギョングはやはり凄かった。
この役に全身全霊取り組んだ、ギョングにもっと
感動しました。
Posted by きょん at 2006年03月13日 14:05
きょんさん、そうソルギョング凄いですよ
彼ならではの迫力ある演技目が離せなかったです
英雄は決して万能ではなく、孤独ですね
Posted by 更紗@携帯 at 2006年03月14日 18:37
[妻・綾との関係も、とにかく切なすぎて]
もっとも。

この映画は、事実と違うところが多いのですが
「綾」さんを準主役にもってきたところは
よかったと思います。

力道山の妻と言えばなくなる6ヶ月前に結婚をした田中敬子が有名ですが、いちばん苦労したときに、実の子でない子を育てた「小沢ふみ子」さんがモデルとなっているところを美しく、切なく感じました。
Posted by もっきぃ at 2006年05月15日 23:43
>もっきぃさん
 力道山は名前しか知らない世代なんで事実はどうか?分からないんですけど
そうなんだー再婚したんですね。
 綾のモデルの女性は凄い女性ですね。
なかなか出来ることではないと思います。
Posted by 更紗♪ at 2006年05月19日 15:41
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/14650747
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

力道山
Excerpt:  力、力道、力道山。呼び方も様々だったが、どれが苗字でどれが名前なのでしょうか。力・道山、力道・山、もしくは姓名の区別がない芸能人のようなもの?もしかすると、“道”がミドルネームだったりして・・・
Weblog: ネタバレ映画館
Tracked: 2006-03-12 09:41
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。