2006年01月06日

綴り字のシーズン

コメント無きTBは削除させて頂きます。

綴り字のシーズン綴り字のシーズン
マイラ ゴールドバーグ Myla Goldberg 斎藤 倫子

東京創元社 2002-07
売り上げランキング : 366,160

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


あらすじ/大学教授の父に期待されていない11歳の少女イライザ。
校内の綴り字コンテストでいきなり優勝し、
各地の予選を勝ち進み、全国大会へと躍り出ます。
ところが家族はこれをきっかけに崩壊しはじめる。
★★★★
更紗評/うーん。家族って崩壊し始めると、
まるで坂を転がるようなのね。
どうにも止められないって感じで・・・
それを止めようと必死になるイライザの姿は
ちょっぴり逞しく感じました。

人気ブログランキング参加中
<ネタバレ>
父として夫としてのソールの姿
うーん。そんなに酷いものなのかしら?とも思ったり
父としては、確かに「才能」のある者に対してだけ
心血を注ぐ姿勢は見られた。
最初は長男に、次は長女のイライザに…
夫としては、別に悪くないんじゃない?
料理までしてくれてさ、まあ片付けはしていなかったけど・・・
そんなの男の料理の定番だしあせあせ(飛び散る汗)

イライザは最初は、兄に対してだけ
注がれる父の愛に対して、遠慮がちでした。
そして、イライザの綴り字の才能が分かってからは
父の愛は妹のイライザに注がれた。
それが、兄アーロンには「ほっかりと空いた穴」となってしまったのね
そこに知り合った女性から繋がる宗教が入り込んだ。

うーんアーロンは、妹に移った父の心よりも
元々父に対する苛立ちというか?
いつも半強制とも言える父の教えに反発心持っていたのかもね。

そして、妻であり母のミリアム
彼女がなんであんな「がらくた」を盗むのか?
理解できなくて、「あの家は知り合いの家?」とかって
思っていた私はトンチンカンっすね(-_-;)
まさか盗みをしていたとは・・・
しかも「光りもの」ぴかぴか(新しい)ばかり・・・
両親の死に対して何かトラウマがあったのかな?
その辺りがわかんなかった。
前半。ちと居眠りしちゃったもんで…

そして、ラストの展開
イライザは「折り紙」分かっていながら
わざと間違えたのよね。
あれをどう解釈するか?
私は、きっと完璧を求めてきていた父に対する
イライザなりの、母・兄へのメッセージではないか。と…
つまり完璧でいる必要はない。
そして、父の自分に対する過分な期待を止めさせる
そういう手段だったのかな。と思っています。

家族を描かれると色々と考えますね〜
私もこれから家族を相方と作り上げていくんだし…

人気ブログランキング参加中←クリックしてみてね。
posted by 更紗 at 17:47| 広島 ☁| Comment(6) | TrackBack(3) | 映画評<た行> | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そうですよね。
私もミリアムのとこがちょっと解せませんでした。
もしかして、先が読める女性か?とかいろいろ膨らませてたのに・・
あのへんは、カットされてないんですよね?
完璧がキーなのはよくわかりました。納得。
Posted by foo at 2006年01月06日 20:25
>fooさん
 ミリアム分かりにくかったです
なんで、なんのトラウマ?って疑問だらけでー
 イライザの母と兄へのメッセージはよかったですね。
Posted by 更紗♪@管理人 at 2006年01月08日 16:50
お母さんの倉庫・・ラッセル・クロウのナッシュ教授を思い出しちゃいましたわ^^;
両親が亡くなった事故でのガラスの破片が”光り物”への異常な執着心となったのか?それとも不完全な破片を沢山集めれば完全になると思ったのか?ちょっとわかりづらいですよね〜〜
Posted by マダム at 2006年01月29日 23:30
Sさん、やはり母親のトラウマに関してはわかりにくかったですよね
それぞれの問題について、もう少し掘り下げて欲しかったかなー
Posted by 更紗@携帯 at 2006年01月30日 11:30
こんにちは。
前半、居眠りしていなくても、この映画の脚本構成は、わかりにくいと思いますよ。原作では、きちんと、説明されています。
Posted by kimion20002000 at 2006年06月01日 11:42
>kimion20002000さん
 こんばんは。
やはり、説明不足ですよね。
原作読んでみるかなー。
Posted by 更紗♪ at 2006年06月01日 20:22
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

1 綴り字のシーズン
Excerpt: 今年の最初の映画は、リチャード・ギアの「綴り字のシーズン(原題 Bee Season)。 触込みからいっても家族の物語だとはわかっていました。 しかし、何度も書きましたが、アメリカの映画には「..
Weblog: 毎週水曜日にMOVIE!
Tracked: 2006-01-06 20:26

『綴り字のシーズン』
Excerpt: 今年一番最初に鑑賞した映画です。 なのに、感想が書けずにいました。 年の初めにぴったりの、良くあるハートウォーミングな家族映画だと思って観に行ったら(ギア様好きだし)、ちょっと一発食らった感じですっか..
Weblog: Brilliant Days
Tracked: 2006-01-29 23:25

NO.150「綴り字のシーズン」(米/スコット・マクギー&デヴィッド・シーゲル監督)
Excerpt: 言葉の発生の遥かな起源に、 少女は巫女のように入り込む。 全米でベストセラーとなった女流小説家マイラ・ゴールドバーグの原作。日本では馴染みのない「スペリング・コンテスト」を舞台にしているが、本当に描..
Weblog: サーカスな日々
Tracked: 2006-06-01 11:43