2004年11月19日

オールドボーイ ★★★★★

コメント無きTBは削除致します。

オールド・ボーイ プレミアム・エディション
オールド・ボーイ プレミアム・エディション


狂気の上の犯行は、何を生むexclamation&question

03韓 監督・脚本/パク・チャヌ出演/チェ・ミンシク ユ・ジテ カン・ヘジョン
あらすじ/ごし平凡な生活を送っていた男「オ・デス」(チェ・ミンシク)は
ある日誘拐され、意識を取り戻すと狭い監禁部屋にいた。
その後15年間、理由も分からないまま監禁され続け突然開放される。
いったい誰が?何の目的で?
寿司屋で出会った若い女性ミドの助けを借りて
復讐を誓うデスのもとに現れた謎の男ウジン(ユ・ジテ)。
彼はデスに5日間で理由を解き明かせと、
お互いの命を懸けた「ゲーム」をもちかける。
そこには想像を絶する、恐るべき策略がめぐらされていた…。

更紗評/原作は日本の漫画らしいですね。
カンヌ映画祭グランプリ!結構見てみると「そう?」
って事もあるけれど、この作品は文句なしに素晴らしい
素晴らしいと言う表現はふさわしくない作品なんでけど、
でも言わざるをえない凄さがある!
描いてある事がとても想像を越える事で「禁断の果実」に
手を出した気分にさせてくれました。
これでいいのか?って
議論ふっかけたくなるラストだし
ストーリーについてはネタバレに書くとして
とにかくチェ・ミンシクの演技が素晴らしい。
こっちは素晴らしいと表現していいと思う。
復讐の鬼と化したチェ・ミンシク、
愛を語るチェ・ミンシク、
娘を思うチェ・ミンシク全ての演技がパーフェクト!
ハリウッドでリメイクするらしいが、
この感情深き表現を誰が演じれるというのか?
そして、久々に銀幕で見れたユ・ジテ。
ジテ君はいつも「ほわーん」とした柔の印象なのに
今回は一転して剛な男でした。
確かに体型はスリムだけど、
狂気という演技がなかなかにいいですね。
チエ・ミンシク相手に堂々と渡り合ってました。
この作品のグランプリ受賞は、
脚本・演出・そして出演者全ての集大成と思えます。
そして成功させたのは
「15年」という年数だと思っています。(ネタバレ参照)

<ネタバレ>
ホント痛かったですよ。
痛いシーンが多かったのもあるけれど姉弟で愛し合うのも、
父子で愛し合うのも禁断の果実ですわ。
大体普通ありえん感情だと思うんですけど
まあ、それを言うと話はじまらないんで置いておきます
大体の男の人は自分の娘の世代の女性には興味持たないと思うんですよ
それをデスはいくら寂しさと催眠があったとはいえ、
性の対象として見れたのはやはり15年間の監禁からくる
「寂しさ」だったんではないでしょうか?
そして親子だからこそ感じる温もりを感じたのかもしれません。
一方ミドの方も、親子愛を男女愛と感じさせられたのかもしれませんね。
追い詰められている時は人の感覚は麻痺してしまう。
そんな要素もあったのかも
この作品の上手いトコは「15年」という数字ですね。
15年と言われて、妻殺しの容疑者にされているとなると
当然、観客は「殺人の時効」を思い浮かべますよねでも
、それが実は「ミドが成長する期間」だったわけで
そこが上手いトコ
7年でも8年でもダメだった。
もちろん30年という長さでもダメだったわけです
ウジンは姉を追い詰めて殺したのは
デスの「舌」だったと思いこんでいて
姉の殺人者とも思っていたわけだから15年は、
その時効ともリンクしたと思えるしね。
いやー。上手い設定に脱帽です。

(2004.11.17)
posted by 更紗 at 15:58| 広島 ☀| Comment(12) | TrackBack(11) | 映画評<あ行> | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いや〜ほんと キツい内容ですけど
最後まで惹き込まれますよね これ。
15年の意味・・更紗さんの読みどおりだと思います!
○を持つ親である友人はかなり引いてました。
ウジンですが、最初は今を時めくイ・ビョンホンにオファーがいったそうですね。彼ならもっと上手かったかもと思います。
Posted by スカーレット at 2004年11月19日 20:20
>スカさん
 かなりキツイですよね〜
15年ここが重要でした。
ウジンをイ・ビョンホンですかー
私的にはジテ君の方が好きなんで、ははは
Posted by 更紗♪ at 2004年11月19日 23:40
こちらでは初めまして!
ほんとにたくさんの映画をご覧になってるのですね。
これからも参考にさせていただきますうう。
Posted by 夏子 at 2004年11月20日 13:48
TBありがとうございます。
国内興行成績を見ていても、10位に初登場して2週目にランク外。人気薄ですね・・・
口コミでこの重くなるテーマが伝わってしまったのでしょうか・・・それともタラちゃんが選んだからなのか?!
ランクインしないことが悲しいです。
Posted by kossy at 2004年11月20日 15:21
>夏子さん
 こちらの方もTBさせてもらいました。
映画はホント好きで(笑)
HPの本館の「映画評」には数えた事無いけれど
500作くらい感想あるんじゃないかな?

>kossyさん
 そうなんですか〜興行成績よくないんだ・・・
いい作品なのにね〜
まあ現代の日本人には嫌がられるというか?
重すぎる題材かもしれませんが・・・
でも、ご覧になった方の評価はほとんど高い評価ですからよしとするかな?
Posted by 更紗♪ at 2004年11月20日 17:36
TBさせて頂きました☆
どういう訳か、私は観る前にそうと気付かず、オチの設定を気付いちゃっていましたw
それだけに、鑑賞後は、何とも複雑な気持ちでした””
Posted by はじとみ at 2004年11月26日 11:50
更紗さん、遅れ馳せながらこちらにも書かせていただきます。
更に遅れ馳せながら、我がサイトのブログで、この作品に関する感想を書きましたので、TBさせていただきますね。
明日から仕事です。凍える中、朝7時台に通勤するのは辛いですが頑張ります!
Posted by ハート at 2005年01月04日 21:43
>はじとみさん
 レス忘れてたみたいですみません。
オチは私も薄々でもまさかーって思っていたので・・・

>ハートさん
 ご覧になったんですね〜
私の方も明日から仕事です。
朝寒いですもんねぇ。車のガラスが凍っていなければいんですが・・・
あー。明日は靴下持参でいこ(笑)
全然作品に関係ない話になっちゃいすました。
Posted by 更紗♪ at 2005年01月04日 22:53
更紗さんてこんな素敵なブログも持ってたんですね!私も映画好きなのでこれからゆっくり読ませてもらいたいと思いますっ!!

ところで、この映画キツくてエグイけど、人間の弱い本質をついたなかなか深い作品でした。
ここからネタバレしまくってますけど・・・・
催眠術を使うのは卑怯だと思うけど、ウジンのずーっと抱えてきた執念を思うとまぁそれもアリかなって思ってます(笑)。
デスへの復讐はもちろん、ウジンは自分の幕引きの為に巧妙にデスを利用した?とも思うんですが、まだまだ奥が深そうですっ。もう1回みてみるかなっ!!
Posted by acqua at 2005年08月25日 00:03
>acquaさん
 こんばんは、
acquaさんも映画好きなんですね。
 この映画は人間の本質を深く掘り当てた作品でした。
ウジンの思いは凄く深いのね〜
でもそれを認めたいとは思わないけど
それだけ深い念ってのが韓国には今も息づいているんだなー。と感じます。
悪く言えば執念深いですよね。
Posted by 更紗♪ at 2005年08月26日 19:42
更紗さん、こんにちは。
古い記事にお邪魔します。TBさせていただきました。

15年・・・本当に絶妙な設定ですね。
ユ・ジテssiのウジン役は怖かったです。
ジテssiはいい人の役からぞっとするような狂気をもった役まで
演じられる方だろうなと思っていましたが、この作品で、
本当にそうであることを再確認しました。
Posted by tamayuraxx at 2006年08月05日 14:34
>tamayuraxxさん
 こんばんはー
古い記事でも大歓迎ですよー♪
15年と一言で言うけれど長いですよね
だって子供が大人になっているし…
ジテくんはホント演技うまいです
最近はちょいキレ役が多いけど、純粋な役も好きなんですよねー
Posted by 更紗 at 2006年08月05日 22:07
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

『華氏911』と『オールド・ボーイ』 カンヌ2題
Excerpt: 今年のカンヌ映画祭で、パルムドール賞受賞の『華氏911』と グランプリ受賞の『オールド・ボーイ』 2作品を偶然同じ日に鑑賞出来ました♪ 『華氏911』 2004年/アメリカ 監督・製作・脚..
Weblog: スカサロ別館
Tracked: 2004-11-19 20:15

オールドボーイ (劇場レビュー)
Excerpt: カンヌ祭で タラちゃんが絶賛 審査員特別グランプリをとった「オールド・ボーイ」 観た人の 感想もなかなか いい感じ タラちゃんファンとしては やっぱ みなくちゃと(*^^)v 凄い映像でした..
Weblog: シネマの缶詰
Tracked: 2004-11-20 08:25

オールドボーイ
Excerpt: 帰り道、脚が重いです。 カバンのなか、チェ・ミンシクが 詰まっているんじゃないか ってな くらい重い重い帰り道。 脚にまとわりついているんじゃないか? もしかして、アタマのてっぺんにカレ..
Weblog: ・・・の続き
Tracked: 2004-11-20 13:47

オールドボーイ
Excerpt:  タランティーノが好きなのか、タランティーノを好きなのか・・・どちらにしても審査員長に敬意を表して選ばれたのでしょう。  さすがに「ネタバレしちゃいけない!」と釘を刺されたら、言及するわけにはいかない..
Weblog: ネタバレ映画館
Tracked: 2004-11-20 15:16

カンヌグランプリ受賞「オールド・ボーイ」評。
Excerpt: お休みを使って、旅行だけじゃなく映画も見てきました。 「オールド・ボーイ」。 カルト的人気を誇る日本の同名漫画を原作に、『JSA』の監督が映画化した カンヌ映画祭グランプリを受賞した作品。 ..
Weblog: VIVA!ちどりあし
Tracked: 2004-11-25 16:26

オールド・ボーイ
Excerpt: KAZZのこの映画の評価  今、話題の”オールド・ボーイ”先月、試写会で見て来ました タラちゃん(タランティーノ)が、絶賛するのも頷ける スピード感のある映画です 面白かったですとっても ..
Weblog: (売れないシナリオライター)KAZZの呟き!
Tracked: 2004-11-25 23:34

オールド・ボーイ
Excerpt: KAZZのこの映画の評価  今、話題の”オールド・ボーイ”先月、試写会で見て来ました タラちゃん(タランティーノ)が、絶賛するのも頷ける スピード感のある映画です 面白かったですとっても ..
Weblog: (売れないシナリオライター)KAZZの呟き!
Tracked: 2004-11-25 23:37

オールド・ボーイ観ちゃった☆(後半にネタバレ含む)
Excerpt: オールド・ボーイを観てきた。またしてもレディースデーに(またかいw) SAWと同様に、オチの設定が肝となっている作品だ。 独特のオープニングは、何かが始まる予感を高めてくれるだけの雰囲気を醸し出し..
Weblog: 半蔀(はじとみ)の徒然なる日々
Tracked: 2004-11-26 11:49

「オールド・ボーイ」感想のような駄文
Excerpt: (あらすじ) オ・デスは妻と一人娘を持つ、平凡なサラリーマンだった。ある日、娘の誕生日プレゼントを買って帰る途中、忽然と姿を消す。妻との不仲から、殺人容疑で指名手配されるが、実はオ・デスは何者かに連れ..
Weblog: ハートの独り言
Tracked: 2005-01-04 21:38

オールドボーイ -2004-
Excerpt: ビョンビョンが尊敬してて、ギャラ無しでも一緒に仕事をしたいと言うパク・チャヌク監督。その気持ちに少しでも近づきたくて監督の作品を見ることにしました。『Cut』も好きな作品だしね!(『JSA』はまだレビ..
Weblog: la☆dolce vita
Tracked: 2005-08-25 00:04

[映画]オールド・ボーイ 【ネタばれ】
Excerpt: オールド・ボーイ スタンダード・エディション 出演:チェ・ミンシク、ユ・ジテ、カン・へジョン 他 監督:パク・チャヌク (2003年 韓国)---Story--- 普通の会社員であったデ..
Weblog: Four Seasons
Tracked: 2006-08-05 14:29
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。